料金

相続手続き

相続手続き一式

基本料金44万円(消費税込)+実費(3万円~5万円程度)

加算報酬

相続財産額5000万円~8000万円未満は、+11万円。
8000万円~1億2000万円未満は、+22万円。
1億2000万円以上は、別途お見積り。

金額は消費税込み
その他、財産額に関わらず、特殊な事情がある場合は、事情に応じて加算をいたします。その分、相続手続きが完了するまで、責任を持って、サポートさせていただきます。ご依頼時に金額は明確に確定させていただきますので、ご安心ください。
☆相続手続きの特徴
相続手続きは、財産額だけでなく、相続人の人数や関係性、財産の内容などにより、手続き時に要する時間や難易度が大きく異なります。したがって、上記の基本料金を軸として、面談時にご状況をお伺いして、見積額を提示させていただきます。当事務所の特徴は、ご依頼時に報酬額を確定させていただき、ご依頼時に一括していただいております。そのため、後日の追加報酬は、例外的な場合を除いていただくことありません。ですので、金額にご納得いただいた上で、安心して、ご依頼いただくことが可能です。

手続きの流れ

STEP1

相続人の確定⇒相続人関係図作成

亡くなられた方の出生まで遡り、相続に必要なすべての戸籍の収集をします。
STEP2

相続財産の調査⇒財産目録作成

①預貯金
通帳を集め、各金融機関で照会手続き、残高証明書の発行

②不動産
都税事務所・市町村の資産税課で「名寄せ帳」「固定資産評価証明書」を取得。法務局で不動産登記簿・公図などを取得します。
STEP3

財産の分け方を決める⇒遺産分割協議書作成

相続人様全員のお考えをお聞きしながら、遺産分割協議書を作成します。
STEP4

遺産取得手続き

・金融機関での解約手続き
・証券会社の手続き
・保険会社とのやり取り
・公共料金の名義変更など
すべて含めて、相続手続きが全て完了するまでコーディネートさせていただきます。
※上記には、税理士・司法書士の報酬は含まれません。
相続税の手続きや準確定申告など税務について、税理士をご紹介し、連携して行います。相続登記についても司法書士をご紹介し、連携して行います。

後見人

任意後見人の手続きの流れと報酬

STEP1

任意後見契約公正証書作成サポート

認知症などが進行する前の財産管理契約と認知症などが進行した場合の
任意後見契約。2つの契約を結ぶ場合はほとんどです。

基本報酬 11万円(消費税込)
STEP2

公正証書作成後、実際に財産管理などをする場合。

①見守り契約に基づくサポート
ご本人は、お元気だが、万が一に備えて月1回見守り訪問するなどします。
  
電話のみによる見守り(月3300円~)
月1回訪問する場合(月16500円~)

②財産管理契約に基づきサポート
認知症などは進行していないが、施設に入所していたり、歩行が困難である
などして、財産管理のサポートが必要な場合。

月3万円~5万円程度(財産額などに応じて、1の契約時に設定します)

③任意後見人としてサポート
認知症などが進行し、後見人としてサポートをする場合。

月3万円~5万円程度(財産額などに応じて、1の契約時に設定します)
※この段階では、別途後見監督人報酬が発生します。
(家庭裁判所が決めますが、今までの例では、年間15万円~25万円程度です。)

④亡くなられた後の死後事務をサポート
死後の遺体の引き取り・葬儀社の手配・葬儀の段取り、病院とのやり取り、
納骨の手配など。生前の契約で定めた金額の報酬をいただきます。

基本料金33万円(消費税込)から個別相談。
☆任意後見制度の報酬の特徴
 費用については、2段階で考えてください。任意後見契約書など、入り口の手続き段階で、費用がかかります。そして、その後は、実際に後見人などに財産管理を委ねて、財産管理がスタートした時に、月々の報酬がかかります。
すでに認知症になっている方の「法定後見人」となる場合は、家庭裁判所が報酬額を決定しますので、毎年財産額等に応じて変動します。一般的な場合で、
年間24万円から40万円程度。不動産売却など特別に預貯金が増えた場合などは、それ以上の金額になることがあります。詳細は、家庭裁判所のホームページをご覧ください。

遺言書

遺言書原案作成

※消費税込
70代以上
24万2000円
60代
18万7000円
50代
13万2000円
40代
8万8000円
30代
5万5000円
15歳~20代
1万6500円
☆年齢別報酬への想い
一般的な事務所では、一律料金か、財産額に応じた金額のところが大半だと思います。当事務所が、遺言書について年齢別を採用している想いは、遺言書は、どんな人にも必要である。比較的若い世代にも書いてもらいたいという考えからです。そうは言っても若い世代は、家族構成や財産状況も今後大きく変わる可能性があり、あまりかっちりした遺言書を作成することは、相応しくなく、シンプルな遺言書になることが多いと思います。そのために、多額の報酬を支払うのは費用対効果が良くないと考え、若い方の報酬を抑えました。その代り、家族構成や、生活スタイル、財産状況が変わる度に、書き直していただきたい。その時々にあった遺言書を作成してもらいたいという思いからのご提案です。なお、2度目以降は、上記基本料金の半額でお引き受けいたしますので、何度か作成しても
合計料金も高額にはありません。
一方で、高齢者の方は、どのような場合でも家族が争わず、安心して次の世代へバトンタッチできるように、財産状況なども整理し、様々な場合を想定して、じっくり作成させていただくため、比較的高額な報酬となっております。
 以上のような趣旨をご理解いただければ幸いです。