成年後見人について

成年後見制度とは

成年後見人のやり取り
認知症や知的障害・精神障害などで判断能力があ 不十分な人の、不動産や預貯金などの財産を管 理したり、身の回りの世話のために介護などの サービス・施設への入所に関する契約などを支 援する制度です。
1法定後見(後見・保佐・補助)
すでに判断能力が低下している人が利用するもので、家庭裁判所での手続きが必要です。

2任意後見
今は十分な判断能力のある人が、将来認知症 などになったときに備えて、予め自分で代理 人を選んでおく制度です。 公正証書を作成しておくことが必要です。

このようなお困りごとのお手伝いができます!

認知症になったら誰が財産管理をしてくれるのか不安

入院しなければいけないような場合に一人では不安

自分が亡くなった場合の葬儀や納骨をしてくれる人がいない

自分が亡くなった後の遺産はどうなるのか何もわからない